『ハクナマタタ』って何?

放課後デイサービス・ハクナマタタ開所の歩み

 

中高生を対象にダンスや音楽などの表現体験、料理や裁縫、

たまには近所にお買い物、もちろん掃除も・・・

同年代の仲間と一緒に過ごし活動をする、

そしていろいろな成功体験を積み上げてほしい・・・

そんな願いを込めて立ち上げました。

開所までの歩み・・・

始まりは去年3月、事務局会議の席で・・・
「障がいがあっても部活もしたいし余暇も楽しみたいはずなのに」

「中高生のためのサロンがあったらいいなぁ」

「サロンは無理でも放課後の居場所があればいいのに・・・。」

市内に障がい児のための放課後の居場所はいくつもあります。

それぞれに特色ある魅力的な事業所ばかりです。
でもチャレンジド・ミュージカルをやってきたいちぶんネットだから

できる事が何かあるはず・・・。
チャレンジドさんたちの保護者、そしてスタッフママからの言葉はこうでした。

「小学生向けの施設はたくさんあるけど、中高生に限ったところはない。

障がいがあっても心もからだも大きく成長する大切な時期。

小さな子と同じことをして褒められても、中高生は複雑な気持ちになっている。

彼らの発達に合わせた活動をしてくれる

中高生向けの放課後等デイサービスがあればいいのに」

そんなに必要が求められているなら、自分たちで作っちゃおう!

こうして中学生・高校生が年齢に合った居場所として過ごせる

デイサービス、「放課後等デイサービス『ハクナマタタ』」ができたのです。    

『ハクナマタタ』とはスワヒリ語でだいじょうぶ!!という意味。

アートの世界では失敗なんてありません。

変かな?と思ったものを面白いと思う人がいたり、

失敗した作品から新たな作品が生まれたり。

「常識に縛られることなく自由な発想でアートを楽しんで、

どんな活動も作品もみんなで楽しめる場にしたい、だからこわがらなくても大丈夫だよ」

という思いを込めて命名しました。

スタッフ一同、お子様の思い、ご家族の願いを大切に

「放課後等デイサービス・ハクナマタタ」を運営して参ります。